商品先物取引 TOP  > セミナー情報  >  岡地の相場セミナー in 東京(7/31)

どうなる!?アフターコロナ

どうなる!?アフターコロナ

申し込みは締め切らせていただきました。
多数のご応募誠にありがとうございました。

コロナ注意文

第1部
第一部 脱炭素で脚光を浴びる白金

池水雄一 写真

講師 池水 雄一

貴金属スペシャリスト
日本貴金属マーケット協会 代表理事

86年上智大学卒業後、住友商事株式会社入社、その後クレディ・スイス銀行、三井物産株式会社で貴金属チームリーダーを務める。06年よりスタンダードバンク東京支店副支店長、09年に同東京支店で支店長に就任。19年より日本貴金属マーケット協会(JBMA)代表理事に就任。一貫して貴金属ディーリングに従事し、世界各国のブリオン(貴金属)ディーラーでブルース(池水氏のディーラー名)の名を知らない人はいない。

第2部
第二部 年末に向けての世界経済

エミン・ユルマズ 写真

講師 エミン・ユルマズ

エコノミスト・為替ストラテジスト
複眼経済塾株式会社 取締役・塾頭

トルコ・イスタンブール出身。16歳で国際生物学オリンピックで世界チャンピオンに。97年に日本に留学。1年後に東京大学理科一類に合格、その後同大学院で生命工学修士を取得。2006年野村証券入社,投資銀行部門。機関投資家営業部門に携わった後、2016年に複眼経済塾の取締役・塾頭に就任。

概要詳細

日時 2021年7月31日(土)
13:00~15:00(途中10分休憩)

第一部:13:00~13:50
脱炭素で脚光を浴びる白金
講師:池水雄一氏

第二部:14:00~14:50
年末に向けての世界経済 金・白金
講師:エミン・ユルマズ氏

※途中10分間の休憩が入ります。
受付・開場 12:30
会場 岡地株式会社 東京本店
東京都中央区日本橋小網町12-5
HPはこちら
交通 地下鉄 東西線 茅場町駅 徒歩5分
地下鉄 日比谷線 人形町駅 徒歩5分
地下鉄 半蔵門線 水天宮前駅 徒歩5分
費用 無料
定員 40名(予約制・抽選)
※本セミナーは抽選制です。専用フォームのお申込みの段階では、まだ参加が確定しておりません。
申込締め切り後に、当選者様に参加に関する詳細メールをフォーム内に入力したメールアドレス宛にお送りします。当日は必ずそのメール本文(印刷したものもしくはスマートフォン等にて本文を提示できるもの)をご持参ください。
コロナウイルス対応 ・ 当セミナーは参加者の距離を空けるため、人数を制限し、開催します。マスクの着用・手指の消毒・検温のご協力をお願いし、感染対策を行った上で、開催します。
・ 新型コロナウイルスの感染拡大の状況によっては、本セミナーの開催を中止または延期させていただく場合がございますので、予めご了承の上お申し込みください。なお、中止または延期となる場合には決定後速やかにメールにてお知らせいたします。
・体温が37.5度以上の方は、入場をご遠慮させていただきます。
問い合わせ 岡地株式会社 東京本部 電話:0120-324-988

※当セミナーは、商品先物取引の勧誘を目的としており、ご来場のお客様に当該商品の説明やご案内をさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。

●商品デリバティブ取引を行う場合は委託者証拠金等の預託が必要になります。最初に預託する額は商品によって異なりますが、最高額は1枚あたり通常取引301,500円(2021年7月26日現在)です。また委託者証拠金は、相場変動や日数の経過により追加預託が必要になることがありますので注意が必要です。但しその額は、商品や相場の変動によって異なります。
●商品デリバティブ取引は、相場の変動によって損失が生ずるおそれがあります。また、実際の取引金額は委託者証拠金額のおおむね10倍から70倍という著しく大きい金額のため、損失額が預託している委託者証拠金の額を上回ることがあります。
●商品デリバティブ取引の委託には委託手数料がかかります。その額は商品によって異なりますが、最高額は、最低取引単位(1枚)あたり往復33,000円(2021年7月26日現在)です。手数料額は相場変動により増減する場合があります。
●お取引についての御相談窓口 当社東京管理本部 顧客サービス担当 電話03-3249-8827 受付時間:平日08:30~17:30
●証券・金融商品あっせん相談センター https://www.finmac.or.jp ●日本商品先物取引協会 相談センター https://www.nisshokyo.or.jp
●当社の企業情報に関するディスクローズ資料は当社本・支店及び日本商品先物取引協会で開示されています。
●許可番号
金融商品取引業者 東海財務局長(金商)第194号
商品先物取引業者 農林水産省指令28食産第3988号
経済産業省 20161108商第10号
●加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会

  • セミナー情報