商品先物取引 TOP  > セミナー情報  >  【東商取・先物協会協賛】岡地の相場セミナー(9/28東京)

いま金を買わずしていつ買うのか!

いま金を買わずしていつ買うのか!

お申し込みはこちら
第1部
第一部 いま金を買わずしていつ買うのか!

佐々木徹 写真

講師 植田 進

横浜総合FP事務所代表 / 資産運用アナリスト

ファイナンシャル・プランナー(CFP)、一級FP技能士、テクニカル・アナリスト。
横浜国大卒業後、証券会社で営業とファンドマネージャーに従事。その後FPとして独立し、中立・第三者の立場から講演・執筆・コンサルティングなど幅広い分野で活躍。生活情報番組等へのテレビ出演やマネー誌等への寄稿も。

主な著書に
『金で確実に資産を殖やしなさい』(すばる舎)
『これ以上やさしく書けない金投資入門』(実業之日本社)
『ゴールドバブルの崩壊』(ビジネス社)
など多数。

質疑応答
質疑応答

概要詳細

日時 2019年9月28日(土)13:00~14:50
(途中5分休憩)
受付・開場 12:30
会場 岡地株式会社 東京支店
東京都中央区日本橋小網町12-5
HPはこちら
交通 地下鉄 東西線 茅場町駅 徒歩5分
地下鉄 日比谷線 人形町駅 徒歩5分
地下鉄 半蔵門線 水天宮前駅 徒歩5分
費用 無料
定員 80名(予約制・先着)
問い合わせ 岡地株式会社 東京本部 電話:0120-324-988

※当セミナーは、商品先物取引の勧誘を目的としており、ご来場のお客様に当該商品の説明やご案内をさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。

お申し込みはこちら

●商品デリバティブ取引を行う場合は委託者証拠金等の預託が必要になります。最初に預託する額は商品によって異なりますが、最高額は1枚あたり通常取引165,000円・損失限定取引453,000円(平成27年7月16日現在)です。また委託者証拠金は、相場変動や日数の経過により追加預託が必要になることがありますので注意が必要です。但しその額は、商品や相場の変動によって異なります。

●商品デリバティブ取引を行う場合は委託者証拠金等の預託が必要になります。最初に預託する額は商品によって異なりますが、最高額は1枚あたり通常取引234,000円・損失限定取引495,000円(2019年9月19日現在)です。また委託者証拠金は、相場変動や日数の経過により追加預託が必要になることがありますので注意が必要です。但しその額は、商品や相場の変動によって異なります。
●商品デリバティブ取引は、相場の変動によって損失が生ずるおそれがあります。また、実際の取引金額は委託者証拠金額のおおむね10倍から70倍という著しく大きい金額のため、損失額が預託している委託者証拠金の額を上回ることがあります。
●商品デリバティブ取引の委託には委託手数料がかかります。その額は商品によって異なりますが、最高額は、最低取引単位(1枚)あたり往復24,840円(2019年9月19日現在)です。手数料額は相場変動により増減する場合があります。
●お取引についての御相談窓口 当社東京管理本部 顧客サービス担当 電話03-3249-8827 受付時間:平日08:30~17:30
●日本商品先物取引協会 相談センター http://www.nisshokyo.or.jp
●当社の企業情報に関するディスクローズ資料は当社本・支店及び日本商品先物取引協会で開示されています。
●岡地株式会社は商品先物取引法に基づき許可を受けた商品先物取引業者です。
 許可番号 ・農林水産省指令28食産第3988号 ・20161108商第10号
●加入協会:日本商品先物取引協会

  • セミナー情報