商品先物取引 TOP  > マーケット情報  > 取引ガイド  >  新潟コシ

新潟コシヒカリ

新潟コシヒカリ(取引要綱)

価格&チャート
  委託者
証拠金
納会月
割増額
合計
17/08 10,000 0 10,000
17/10 10,000 0 10,000
17/12 10,000 0 10,000
18/02 10,000 0 10,000
18/04 10,000 0 10,000
18/06 10,000 0 10,000
※日計りは往復で上記金額
立会時間
夜間立会
日中立会
 前場1節 (09:00)
 前場2節 (10:00)
 前場3節 (11:00)
 後場1節 (13:00)
 後場2節 (14:00)
 後場3節 (15:00)
取引単位 1枚=25俵
呼値 1俵=60kg/10円
倍率 25倍
CB幅 300円
手数料
片道
1,296円(12,000円未満)
1,404円(12,000円以上14,000円未満)
1,512円(14,000円以上16,000円未満)
1,620円(16,000円以上18,000円未満)
※日計りは往復で上記金額

(上記手数料は消費税相当額を含む)

基礎知識



上場取引所
大阪堂島商品取引所
全般 コメは日本人にとって主食と言われており、私たちの食生活の主役だ。日本だけではなく世界の多くの国でコメは主食として食べられている農産物で、もともとアジアの熱帯地方の植物なので、アジアを中心に食べられている。コメは、北海道から沖縄まで全国各地で様々な品種が生産されており、中でも北海道、東北地方、北陸地方の平野部が米どころとして知られている。
生産 日本では約160万ヘクタールの水田で栽培され、年間800万トンを超えるコメが生産されている。10アールあたりの単位収量は、品種改良、栽培技術の進歩や農家の方々の努力などで増えているが、作付面積と収穫量合計は、昭和40年代前半をピークに年々減少している。
流通 現在のコメ現物流通は、原則自由化されている。流通経路は、生産者から単位農協などが集荷したコメを、全国出荷団体が販売事業者等などに売り渡し、この事業者が最終消費者に売るというルートが一般的となっている。
変動要因データ マーケットが注目する主な指標
データ名
ポップアップ表示します
解説
/農林水産省
マンスリーレポート
レポート 農林水産省発行のレポート。集荷、出荷、民間在庫、卸売、小売などの動向などが掲載されている。

資料のご請求・口座開設に関するお問い合わせ

投資アドバイザー
お近くの支店までお電話か資料請求フォームよりお問い合わせください。

支店案内 資料請求

インターネット取引OASIS
「OASIS」の口座開設はオンラインで行えます。下記お電話か、口座開設・資料請求ページからお問い合わせください。

0120-7-0843-1 受付: 平日 8:30 〜 23:00 口座開設・資料請求