商品先物取引 TOP  > 法人のお客様  > 国際法人部  >  コメ先物市場Q&A

Q&A

コメ先物・現物仕入れに関して、よく受けるご質問事項を中心に選んであります。
ご覧になりたいご質問をクリックしてください。

QA 取引を開始するには
QA 商品設計は
QA 証拠金取引とは
QA 限月制度とは
QA 取引の決済方法は(差金決済・現物決済)
QA 先物市場を利用した現物の販売、仕入
QA ヘッジとは
QA 物流に関して

取引を開始するには

商品先物取引業者に口座を開設し、取引を委託して先物取引に参加することができます。口座開設には書類の記載が必要となりますので、詳細につきましてはお気軽にお問い合わせください。

商品設計は

銘柄、数量、格差等詳細につきましては取引要項をクリックしてください。
 取引要項 価格調整表

証拠金取引とは

取引に参加するために必要な担保金であり、現物代金の5%~10%程度の証拠金を預託することによって取引することができます。取引を行う場合、取引枚数に応じた証拠金を、商品先物取引業者を通じて(株)日本商品清算機構(JCCH)に預託する必要があります。

限月制度とは

先物取引は取引の期限を定めた取引です。限月とは売買取引を最終的に受渡ししなければならない月のことで、6ヶ月以内の各月に設定され、最大6ヶ月先までの取引が可能です。

取引の決済方法は(差金決済・現物決済)

先物取引では、売値決め及び買い値決めしたものをそれぞれ反対の売買注文を成立させることで、売値と買値の差額の受払のみで決済し、取引から離脱できます。(差金決済)
また、納会日までに決済しない場合、買い値決めしたものは現物を受け、売り値決めしたものは現物を渡すことによって決済することができます。(現物決済)

先物市場を利用した現物の販売、仕入

先物市場において納会日までに決済しない場合、買い値決めしたものは現物を受け、売り値決めした者は現物を渡すことによって決済することができます。この現物受渡し決済により、現物の売り先、買い先として利用することができます。

ヘッジとは

現物を所有したり、予め値段を定めて購買契約または販売契約を結んでいる場合、その後において現物価格が変動することにより不足の損失を被ることのリスクに対し、保険をかけておくことです。
現物価格の変動から発生する損失を、現物価格と先物価格が連動する性質を利用し、現物と先物を反対方向に売買することによって、先物取引から生じる利益で埋め合わせることを意味します。

物流に関して

取引所が指定した「東京都23区」を基準の受渡場所とした、受渡指定倉荷証券による置場渡しとなります。指定倉庫場所、運賃等諸経費、必要書類等詳細につきましてはお気軽にお問い合わせください。

資料のご請求・口座開設に関するお問い合わせ

国際法人部 米穀チーム

[連絡先]
  • 資料請求
  • ●商品先物取引及び為替取引は必ずしも元本が保証されているものではありません。短期間で利益を得ることもありますが相場の変動により損失が生じることもあります。お取引にあたっては十分にご研究ください。
  • ●当社企業情報は、当社本支店または日本商品先物取引協会で閲覧できます。
  • 当社顧客サービス担当(東京)03-3249-8827 日本商品先物取引協会相談センター(東京)03-3664-6243