商品先物取引 TOP  > 法人のお客様  > エネルギー部  >  Q&A

Q&A

値決めはいつからいつまでできるのでしょうか?

毎月25日前後に翌月受渡分の取引が終了し、その翌営業日に半年先受渡分の取引が開始されます。
例えば、9月に商品を引取りたい場合には9月限で値決めを行う必要があります。その最終値決め日は平成22年8月25日(水)です。

先物市場で買い値決めしたものはいつ引取らなければならないのでしょうか?

例えば、中京石油市場銘柄で9月限2枚(=20kl)を買った場合には、9月1~30日の期間に20klを引取ることになります。この場合、一度に20kl全てを引取る必要はありません。「9月13日に8kl、9月18日に8kl、9月21日に4kl」のように、分割することが可能です。また、混載することも可能です。東京石油市場銘柄(2枚=100kl)においても同様です。

北海道に営業所を持つSSですが、利用できるのでしょうか?

取引所の指定出荷地(京浜湾岸および中部湾岸)以外の出荷にも対応しております。詳細についてはお気軽にお問い合わせください。

ローリーの手配の仕方がわからないのですが?

当社でローリーの手配をお手伝いさせていただきます。なおローリー運賃は別途請求となります。

軽油等と混載したいのですが?

ガソリン・灯油の両油種を値決めして混載することは可能です。また、ガソリン・灯油の追加オーダーおよび他油種の手当てに関してもお手伝いいたします。

会社名は公示されるのでしょうか?

取引所に対しては委託者の報告義務がありますが、渡方や第三者に対して開示することはありません(日々の発送注文についても当社の名で行います)。

新聞に出ている値段でSSまで届けてくれるのでしょうか?

日経新聞、燃料新聞等に掲載されている価格は、当社の手数料、ローリー運賃は含まれていません。また、消費税(※)・ガソリン税も別途必要となります。計算が面倒とおっしゃる場合には、「届けで○○円以下」というようなご注文も受付けております。
※:消費税は、最終値決め日の終値(納会値段)を基準に計算されます。

灯油を60円で値決めしました。市場で出回っている最も安い玉でも65円するのに本当に物が出るのですか?

はい。手数料等の経費は必要となりますが、値決め価格は変わりません。

受渡品の品質に問題はありませんか?

受渡品はJIS規格に適合していなければなりません。また、スペック表の提示を求めることもできます。
【標準品】
ガソリン:日本工業規格K2202の2号の品質基準に適合するレギュラーガソリン
灯油:日本工業規格K2203の1号の品質基準に適合する灯油
【供用品】
標準品と同格の品質基準を満たした国内精製ガソリン、灯油
または輸入通関後の輸入ガソリン、輸入灯油

資料のご請求・口座開設に関するお問い合わせ

エネルギー部

口座開設についてはお電話か資料請求フォームよりお問い合わせください。

[連絡先]
  • 資料請求
  • ●商品先物取引及び為替取引は必ずしも元本が保証されているものではありません。短期間で利益を得ることもありますが相場の変動により損失が生じることもあります。お取引にあたっては十分にご研究ください。
  • ●当社企業情報は、当社本支店または日本商品先物取引協会で閲覧できます。
  • 当社顧客サービス担当(東京)03-3249-8827 日本商品先物取引協会相談センター(東京)03-3664-6243